前回のブログでは、名前の読み方(フリガナ)を訂正する場合のことを取り上げましたが、今回は名字を変更する場合を取り上げたいと思います。フグ田マスオが山田家の養子となり、マスオ、サザエ、タラオが山田姓を名乗ることになった、としたら・・。shimei_henko001

マスオは、「被保険者氏名変更(訂正)届」ですね。サザエとタラオは、「健康保険被扶養者(異動)届」(複写の3枚目は国民年金第3号被保険者にかかる届書)を用いて氏名の変更を届け出ます。

マスオ、サザエ、タラオは以上の届書と共に健康保険証を返却して、後日新たな氏名が記載された保険証が会社に送付されてくることになりますね。ところで、前回からの続きなので、被扶養者になっている人が、もう一人(フネ)居ますが、この方についてはいかがでしょうか?

前回ブログのフリガナ訂正のときは、届書も保険証返却も何もありませんでしたが、今回の場合は、フネの健康保険証も一緒に返却することになります。フネの保険証には、マスオの氏名が漢字で記載されているからです。shimei_henko002

 

 

 

 

このことについて、日本年金機構のウェブサイトでは次のように説明しています。

添付書類

健康保険被保険者証(高齢受給者証、特定疾病療養受療証、健康保険限度額適用認定証等を含む)

※被保険者氏名の漢字が変更(訂正)となる場合は、被保険者の被保険者証だけでなく、被扶養者の被保険者証も併せて添付してください。(被扶養者の健康保険証には、被保険者氏名の漢字が出力されているため。)