出羽堀樋門から下流へ進むと、向こう岸には旭神社があり早朝にはラジオ体操に多くの人が集まります。さらに下流に目をやると東武スカイツリーラインが綾瀬川を渡っています。

線路際の遊歩道に書かれたKOSHIGAYAの白文字は電車に乗っていてもわかりますね。この線路の下をくぐりぬけて未舗装の箇所を過ぎると、蒲生村社である久伊豆神社となります。

線路をくぐって川沿いを歩くと、綾瀬川がかなり近くに感じられます。川幅が広くなり、中州があって、左手には蒲生の久伊豆神社が見え、向こう岸には歴史を感じさせる民家があり、なかなかの雰囲気を醸し出しています。

蒲生の久伊豆神社から綾瀬川を臨みます。

蒲生の久伊豆神社を過ぎて線路を振り返ると、下り電車がやってきました。

すぐに旧4号線と交差するので横断歩道を渡ります。ここは道路の下はくぐれません。綾瀬川にかかる「綾瀬橋」です。ここに綾瀬川水質ステーションがあります。

ここから300mほどのエリア・・出羽堀の一部ではないか?と見ていたのですが、水質ステーションの掲示板をよく読んでみると、このエリア自体が浄化施設になっていました。足立越谷線の西側に取水口があり、国道の下を通って浄化施設に流れ込み、曝気付礫管接触酸化法によって蒲生愛宕川から綾瀬川にきれいな水を注いでいました。

この遊歩道の地下全部が浄化施設になっています。

水質ステーションの脇を川沿いに進んでいって、振り返ったのが次の写真です。旧4号線の綾瀬橋が見え、手前は舟を着けた河岸の跡でしょうか。川辺まで降りることができそうでした。余談ですが、この写真の右手にある道路標識のところに用水路があって道路が橋になっています。これが「蒲生橋」で、その下の用水路はなんとナント「出羽堀」でした。昔の出羽堀はいったいどこをどう通っていたのか?、また研究テーマが増えてしまいました。

<追記>出羽堀か?!、と考えたところは、浄化施設から蒲生愛宕川に流入する水路のようです。

次の写真は、右岸からの蒲生大橋です。

蒲生愛宕神社そばの「蒲生大橋」は、この辺の人が新田駅まで行くのに良く利用する橋ですが、さほど巨大でもないこの橋がなぜ”大橋”になるのか不思議でしたが、蒲生橋を見つけましたから、その名称にも納得です。

蒲生大橋の右岸を進むとこちら側にも愛宕神社が祀られています。

蒲生大橋を右岸から、左岸の蒲生愛宕神社のほうへ渡るときは右手に藤助河岸が見えます。

左岸の愛宕神社前を通って綾瀬川にそそぐ水路は蒲生愛宕川。この辺りは、複数の水路の排水が集中する場所のようです。先に見た蒲生橋の下を流れる出羽堀は、この少し手前で蒲生愛宕川に合流し、愛宕川はここで綾瀬川に合流していました。

歩を進めるとすぐに藤助河岸跡があります。川辺まで降りることができるので、魚釣りに興じる人が多く見られます。この藤助河岸跡の近辺で古綾瀬川を締め切り、現在の綾瀬川の流れを作り出したわけですが、締め切った場所自体がどこかははっきりしません。

藤助河岸跡から下るとすぐに槐戸橋(さいかちどはし)です。難読ですね。

槐戸橋の右岸を進むと桜並木になります。

右岸のほうを歩くと、外環の下をくぐって草加松原に出ますから便利です。

槐戸橋からよく見えるのが、東京外かく環状道路(通称;外環)です。外環手前の路地上も釣り師が多い場所です。

左岸を歩くと、外環の下は川沿いに道がありませんから、いったん一般道へ出て外環を渡ります(右岸のほうは外環をくぐれる通路があります)。

草加北水門から西に「綾瀬川放水路」が中川まで伸びています。綾瀬川増水時に水を逃がす災害対策上も重要なものです。ちなみに外環北側のこの放水路と、草加高校のあたりから古綾瀬川がしばらく並走しています。

一般道の八幡町交差点で外環の南側へと渡り、どんぐり寿司の前の側道で綾瀬川へ進むと、かさね橋となりますが、これを渡らずに川沿いへと出ました。

この辺りは立派な桜並木が続いていて、花見の季節は絶景となります。

すぐに中曽根橋が見えてきました。橋のデザインが江戸風とでも言いましょうか‥。

中曽根橋から見る草加松原はみごとです。