越谷アメダスによれば、本日の午前5時の気温はマイナス5度を下回っていました。昨日は房総館山で雪が降ったということで、この辺も本格的な冬となってきたようです。東京近県は雪に弱いと言われますから、先月、降雪の予報があった際に車のタイヤをスタッドレスに入れ替えています。突然の雪でも、ある程度ならば対応できるので、連絡があれば書類を預かりに出動します(笑)。fukinuke

我が家では、毎年11月になると防寒対策としてリビングルームの吹き抜けを塞ぐ作業を行います。リビングの吹き抜けは開放感があって広々と感じられますし、夏は熱が上昇しているのか、けっこう涼しいと思います。しかし、これが冬になると暖房の効かない激寒ルームとなります。居住した当初よりこれを何とかしたいと、あれこれ思案し上のロフトにカーテンを付けて、暖気が逃げないようにしたことがありましたが、効果はほとんどなし、でした。

上のロフトに暖気が逃げると同時に、暖房費も鰻登り且つ余計にムダなCO2を排出しているようで、頭を悩ませていました。色々と考えてみて、素人の自分ができる範囲内でということから、布状のものならば重量もあまりなく、壁面と接続して空気を遮断できるのではないかと思い、ホームセンターで購入したアウトドア用のタープを使って、5~6年前にやってみました。初回はかなり手間取りましたが、設置してみると暖気の逃げが少なくなったように感じ、同じ頃に冷気を感じる窓を二重窓にしたところ、保温性が格段によくなりました。

毎年11月~4月の期間これを設置して、ゴールデンウィークに取り外すというのが我が家の行事となっています。当初は手間取った設営作業もすっかり慣れて、助手が一人いれば30分ほどでできるようになりました。

※天井の黒い部分とクリーム色の部分がタープです。

吹き抜けの防寒対策にお悩みで、自分でなんとかしてみたい人にお勧めです。

もっと詳しく知りたい方は⇒『具体的に!防寒のために吹き抜けを塞ぐタープの設営