このところ夜明け前の気温は、0度を下回るようになりました。いよいよ本格的な冬シーズンの到来です。

私は、毎朝その時点の気温と、その日の天気予報をチェックしています。天気の現況については、アメダス(地域気象観測システム)に頼ることになるのですが、越谷市にはこのアメダスが設置されています。CA3H7005

気象庁の資料で配置されている場所を数えてみますと、埼玉県内には14ヵ所にアメダスが配置されています。もちろん「熱いぞ熊谷!」にもアメダスは配置されています。全市町村にあるわけではないので、これがあるとないとでは知名度への影響は大ですね。真夏のテレビでお天気番組があれば、だいたい「熊谷」の地名は出てきますから・・。

実は越谷のアメダスがどこにあるのか、前から気になっていました。その場所は「越谷市南後谷」と表記されていますが、ピンポイントの場所がわかりませんでした。今日は時間がありましたからジョギングしながら「どこだ、どこだ」と探し回り、ついにアメダスを探し出し、そのお姿を拝んでまいりました。

写真ではわかりにくいですが、この機械から電線が出ており、近くの電柱へとつながっています。これによりリアルタイムで気象庁が状況を把握するのだな、と一人フムフムをうなずいたのでありました。